仮性包茎 真性包茎

仮性包茎と真性包茎

包茎は鬼頭を包皮が包み込んでいる状態を指し、包み込み方が包茎の種類を左右させます。すっぽり覆ってしまうような状態が真性包茎です。真性包茎は包皮を剥こうとしてもなかなかできず、無理やり剥こうとすると包皮が傷つくなどします。

 

また、包皮に包まれていることで細菌が繁殖し、悪臭を放つほか性病になる可能性も高まります。真性包茎に近いのがカントン包茎であり、この場合は無理やり剥くことができるものの、包皮口が亀頭を締め付けて、包皮を戻すことができず、最悪の場合は亀頭が水ぶくれを起こしてしまい、壊死する可能性もあり、重大なことになってしまいます。

 

真性包茎もカントン包茎も保険がきくため、これらの包茎の場合には保険を使ってでもすぐに手術をすることが求められます。

 

仮性包茎の場合は、真性包茎よりも軽く、手で剥けば簡単に剥くことができるなど、特に支障がないとも言われています。しかし、包皮に包まれていることに変わりはなく、手入れをしておかないと不潔な状態になりやすく、病気を起こすことがあります。

 

また、包茎全体に言える話として、見た目の問題もあります。異性に笑われること、同性にバカにされることもあるので、そのあたりもデメリットです。